三英堂は、出雲国松江で伝統の和菓子を作りつづけている菓子老舗です。
出雲国松江 御菓子老舗 三英堂
トップページへもどる 会社案内 お問合せ サイトマップ
不昧公三大銘菓
三英堂のお菓子
不昧公三大銘菓
三英堂伝承銘菓
三英堂銘菓
なごみの会
三英堂の菓子づくり
会社案内
お問合せ
ご注文は



NEW松江菓子

三英堂通販サイト
HOME > 三英堂のお菓子 > 不昧公三大銘菓
熟練した職人が一つ一つ心を込めてお作りしています。
第七代松江藩主、不昧流茶道茶祖である不昧公によって命名された御菓子であり、公が命名の上、和歌もよまれています。



菜種の里

松江藩七代藩主・松平不昧公が御好みとされた「菜種の里」は、春の菜畑を蝶が飛びかう様を表現した打ち物の風味ゆかしいお茶席菓子でございます。

不昧公引歌「寿々菜さく 野辺の朝風そよ吹けは とひかう蝶の 袖そかすそふ」

詳細はこちら



山川

山川は茶聖松平不昧公が「散るは浮き 散らぬは沈む もみじ葉の 影は高雄の山川の水」という引歌によって命名されしかも好んで御茶会に愛用されたことは公の茶会記に明らかな所であります。

詳細はこちら



若草

若草は茶聖不昧公の御好みで、形態風味ともに誠ゆかしい銘菓であります。良質のもち米を求肥に練り上げ、若草のように仕上げた風雅なお茶席菓子でございます。

不昧公引歌「くもるぞよ 雨ふらぬうちに摘て置け 栂尾山の春の若草」

詳細はこちら







| 不昧公三大銘菓 | 三英堂伝承銘菓 | 三英堂銘菓 | なごみの会 | NEW松江菓子 |
このページの上へ
出雲国松江 御菓子老舗 三英堂 工場・営業センター/
〒690-0044 島根県松江市浜乃木1-1-53
電話/0852-21-3403
FAX/0852-31-0151
| 当サイトの掲載画像に関するお取り扱いについて | プライバシーポリシー |
COPYRIGHT(C) Oka-Saneido.co.ltd,. All Rights Reserved.